バイオリン教室

講師 profile / yasuyoshi ohara :ドイツ国立ベルリン芸術大学卒業 (Hochchule der Künste Berlin、現在のUdK Berlin)

主にヨーロッパで研鑽を積み、ドイツ、フランス( Berlin, Paris)15年在住、2006年まで主にヨーロッパで演奏活動。

豊田耕児、アドルフモンドゥー、アレキシスガルペリン、ローラン・ドガレイユ、

マーティン・ハイベルク, ギ・コモンタール、マスタークラスでヘルマン・クレバースなどに師事。2006年より日本在住。




… … … … … … … … … … … … … … … お知らせ … … … … …… … … … … … … … … …   

オンラインヴァイオリンレッスンを開始しました!

オンラインレッスンをご希望の方は、メールまたは電話にて,お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。 体験レッスンも対面でのレッスンと同じように可能です。

… … … … …  … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … … 

初心者 〜 ドイツ,オーストリア,フランス留学、プロフェッショナル演奏家を目指す上級者まで
レベル、年齢問わずレッスンいたします。



はじめに


レッスンコンセプト 基本理念



〜 地球上で創作されたものの中で最も美しいものの一つと言える音楽芸術の感動を分かち合う 〜 


数百年という長い年月を経て、今日でも世界中で聴き続けられている、人類に共通の文化財産(遺産)である芸術音楽の素晴らしさを、ヴァイオリンレッスンを通して多くの方に伝えることに最大の価値をおいています。




〜 ヨーロッパの弾き方で習うヴァイオリンレッスン 〜


クセのない、自然で、力まない、ヨーロッパのヴァイオリン奏法を教えます。



 

〜 ヴァイオリンが最も美しく演奏された、音色の幅を最大限に生かす全盛期の奏法を〜


最近では、本場ヨーロッパでも、ヴァイオリンの弾き方において、音量や、特に音色の音色の変化の幅が減り、音楽表現がよりフラット(均一化)になる傾向にあるのは、実際に多くのヨーロッパ内の音楽家や音楽評論家も指摘しています。 (最近でも優れたヴァイオリニストは全盛期の奏法を多かれ少なかれ引継いでいると言えます。)


当ヴァイオリンクラスのレッスンでは、その最近のヴァイオリンの弾き方の傾向をご存知ない方には、具体的に、どこがどうフラットなのか、また、その弾き方では表現の幅が狭くなってしまうのかの原因について一つずつ解説し、そして、どうすれば、ヴァイオリンの魅力である音色の幅を最大限に活かせる弾き方になるのか、具体的な練習方法についてもレクチャーします。



〜 音楽表現の仕上がりもヨーロッパの水準で 〜


ヴァイオリン奏法だけでなく、音楽表現へのアプローチも、ヨーロッパの水準で行い、 本場一流の音楽家からみても音楽的に良いと思われるような表現になるように曲を仕上げていきます。




〜 大家の教えに学ぶ 〜


当クラスのレッスンでは、講師である私の考えではなく、ヨーロッパで集めた教えをお伝えします 


講師の私が、ドイツ、フランス在住中に知ることができた、ドイツ、フランスに在住中に見聞きして集めることができた、名演奏やいわゆる全盛期の大家たちから語り継がれた、数多くの貴重な教えや実践的なヴァイオリンの練習方法をそのままお伝えします。










 … … … … … … … … … … … … … … …… … … … … … … … … … … … …  … … … … … … …


2021年9月現在、レッスンの枠は若干空きがあります。メールか電話でお問い合わせください。稀にですが、メールが届かないことがありますので、もし数日たっても返信がない場合はお電話いただけますようお願い致します。