ヴァイオリンの奏法の技術的な問題を解決するための効果的な練習方法


当バイオリンクラスで使用するバイオリンの練習方法は、講師が一から考え出したといえるものは一つもなく、その全ては長年のヨーロッパ滞在中に実際に見聞きしたものを基本にしています。それらの中には往年の巨匠達から弟子に伝えられたものや現在の名バイオリン奏者たちが実際に教えているやり方など多数あります。



練習はできるだけ効果の高い方法を用いることで必要最低限の時間で行い、音楽を味わう時間を増やしたいものです。


効果の高い練習とは


・ 動きが正しい

・ 必要最低限の筋肉を使う

・原始的な動きからはじめ徐々に複雑な動きにしていく



" 原始的な動きが最も大切である " (Pablo Casals)


" 最も単純なことがいちばん難しい " (Arthur Grumiaux)



バイオリン演奏の動きは非常に複雑ですが、一つ一つの単純な動きが組み合わさってできています。

はじめ、原始的で単純な動きを練習して、それを組み合わせてだんだん複雑な動きにしていく。そのような手順で練習するのが最も効果があるのです。

正しくない動き、力んだ動きなどで練習してしまうと、悪いクセが がついてしまうという結果になるということがおこりえるもので注意したいところです。





特に、芸術的表現のためにバイオリンの技巧を発達させたバイオリ二スト達、フランコ・ベルギー派から生みだされたバイオリン教本の中にある練習法などの中には目から鱗的な!文章がたくさん載っている、正に秘伝の書といえるようなものまであるのですが、残念ながら日本語には訳されていないので、それらの文章を原語から日本語に翻訳して当クラスのレッスンの中で紹介します。



ボーイング、ビブラート、ポジション移動、重音、肩当てを使用せずに弾けるようになるための練習方法など、ワンポイントアドヴァイスのための受講も可能です。


ヨーロッパ音大入学を目指す方お手伝いします。



〜 もしあなたが音大へ行き、いわゆるプロバイオリン奏者になることをめざしているなら 〜





もし、あちらの本場の音楽のわかる音楽家の方々に、”あなたの演奏は音楽的に素晴らしい“ といわれるような弾き方を目指すのなら、日本の音大、音高のバイオリン科へ行くこと、またそこで育った講師に習うことは慎重に検討されることをお勧めしています。

残念ながら、日本で教えらる奏法とヨーロッパで教えられる奏法とでは、音を一つ出す時の弓使いから異なることが多いからです。